遺言書(特に自筆証書遺言)について

どうもお久しぶりです。

ブログを全然更新できていなかったので、今日は遺言書(特に自筆証書遺言)について簡単に書いてみようと思います。

遺言書の作成は残される家族のためにも揉めないように書いておいてあげた方が良いとは聞いたことはあるかもしれませんが、実際なかなか書こうと思わないものですよね。

まだまだ若いし元気だからもう少ししてから書こうと思っていても、本当に病気になった後等ではそのような気が起きないのも無理はありません。
また遺言書を作るとなると公正証書遺言を作っておいた方が良いと言われるので、何となく手間に感じる方も多いのではないでしょうか?

しかし、そのための政策として、自筆証書遺言の方式が緩和されたことはご存知でしょうか?
実は財産目録の記載については自筆でなくても良くなったりしています。
また、来年の7月10日以降は自筆証書遺言を法務局で管理してもらえる制度も出来ています。

当事務所では、相続の依頼が増えてきており、遺言執行者として手続きをすることを前提に遺言書案を作成させて頂くケースも増えてきています。
また上記以外でも民法や家事事件手続法の改正がされていますのでご興味ある方はお気軽にご連絡ください。

司法書士があなたの街へ出張致します。 司法書士があなたの街へ無料で出張致します。 借金整理・相続・後見・各種トラブル、ぜひご相談下さい。

岸和田の相続、後見、借金整理は岸田法務事務所
司法書士 岸田法務事務所 〒596-0078 大阪府岸和田市南上町2-25-29 林ビル2階 TEL:072-423-8775

関連記事

  1. 時効債権訴訟について
  2. 戸籍謄本見本 戸籍の見方について。
  3. 相続における相続登記の上申書
  4. 8月最終業務
  5. ~年末年始休業について~
  6. 相続人に行方不明者がいる場合
  7. 法定相続情報
  8. 司法書士岸田法務事務所 開業1周年 開業1周年

インタビュー記事

B-plus 経営者インタビュー

最近の記事

  1. 戸籍謄本見本

主な対応エリア

PAGE TOP