司法書士とは?

司法書士とは

日本の法律「司法書士法」に基づいた国家資格です。

司法書士とは、法律に関する書類作成や法律上の手続きをクライアント(個人や企業)に代わり行います。

司法書士試験は法曹界の資格の中で、司法試験に次ぐ難易度と言われています。

司法書士の業務

司法書士の業務は、多岐にわたっており、その内容は、司法書士法第3条や司法書士法施行規則第31条で規定されています。
要約すると次のようになります。

  • 一、登記又は供託手続の代理
  • 二、法務局、または地方法務局に提出する書類の作成
  • 三、法務局長、または地方法務局長に対する登記、供託の審査請求手続の代理
  • 四、裁判所または検察庁に提出する書類の作成、法務局または地方法務局に対する筆界特定手続書類の作成
  • 五、上記一~四に関する相談
  • 六、法務大臣の認定を受けた司法書士については、簡易裁判所における訴額140万円以下の訴訟、民事調停、仲裁事件、裁判外和解等の代理及びこれらに関する相談
  • 七、対象土地の価格が5600万円以下の筆界特定手続の代理及びこれに関する相談
  • 八、家庭裁判所から選任される成年後見人、不在者財産管理人、破産管財人などの業務

司法書士は市民の身近な「街の法律家」です。

会社や不動産の登記をしたり、相続問題や、少額訴訟の相談を受けたりと、気軽に相談できる存在として活動しています。

インタビュー記事

B-plus 経営者インタビュー

主な対応エリア

PAGE TOP